Ex-4 Pachinaを粉砕せよ!

パスタの戦いのEx-4 のボスPachinaを倒す為だけの記事です。HP600もあるので、強そうですが準備をして挑めばなんてことはありません。ここでは、Pachinaに勝てるようにできるだけの対策を書いていこうと思います。

前提として、すでにゲージは削り切ってることとします。

艦隊の艦種について

艦隊は自分が、扱いやすい組み合わせでよいですが、ここでは『戦艦2、巡戦2、空母2』の艦隊を取り扱っていきます。理由はあとで詳しく述べますが、このボスは砲撃でのダメージを重要としますので、砲撃のダメージが大きい戦艦・巡洋戦艦を主力に持っていきましょう。空母は、どちらかというと索敵、制空権などサポート役として働きます。攻撃役が戦艦・巡洋戦艦で、補佐役が空母となります。

接敵前に

今更、述べることではありませんが、道中はできるだけ戦闘を避けてください。残りの残弾は攻撃力に影響します。特に3戦したか4戦したかでは大きく変わってくるので注意してください。迂回できるところは積極的に迂回してください。残り燃料も回避に影響します。

索敵

はじめに、索敵を成功させます。成功させることにより、T有利を取りやすくなります。ここの敵艦隊の索敵値は250あるので、自艦隊の索敵値は260よりも多くしましょう。

陣形

攻撃的な陣形が良いです。単縦陣梯形陣をオススメします。梯形陣のクリティカル増をとるか、単縦陣の夜戦補正をとるかは悩みどころです。この戦いでは夜戦まで行くことが多いので、単縦陣の夜戦補正も役立ちます。個人的には梯形陣が好きかな。攻撃力195くらいの戦艦がクリティカルで300以上ダメージだすととっても気持ちいい。

昼戦補正

陣形 単縦陣 複縦陣 輪形陣 梯形陣 単横陣
攻撃補正 1.0 0.8 0.75 1.0 0.8

夜戦補正

陣形 単縦陣 複縦陣 輪形陣 梯形陣 単横陣
攻撃補正 1.1 0.9 1.0 1.0 1.0

艦隊の展開

艦隊の平均航速が速ければ、速いほどT字有利になりやすく、またそのなかでも旗艦の速度が平均よりもさらに速ければさらに良い結果を生み出します。なので艦隊の平均は30程、旗艦はそれ以上の速度があるとかなり有利になります。旗艦は巡洋戦艦が向いているでしょう。空母はもちろん後ろに配置します。今回の戦艦系と空母だけの航速計算は、単純な平均値で大丈夫です。Pachina戦においては、T字有利をねらっていきましょう。逆にT字有利を出せないと倒しきるのがきつくなります。

T字有利 同航戦 反航戦 T字不利
攻撃補正 1.15 1.0 0.8 0.65

制空戦

BOSS艦隊は、Catanani Airportが戦闘機を400機所有しています。なので制空権は取りにくいです。しかし、一回の戦闘で飛び立つのが計24機までなので、そこまで不可能なものではありません。ここでは制空均衡を狙っていきましょう。敵艦隊の制空値は95であると推定されるので、制空優勢は142.5必要となり、空母二隻で優勢をとるのはかなり敷居が高いし、そこまでしてとってもメリットが少ないので、制空均衡でいいです。制空値は31.66よりも大きくなればいいので、シーファングを各空母に1スロット入れておけば全く問題ありません。それ以上いれても意味がないです。爆撃機積みましょう。

砲撃戦

戦艦の砲撃を主力火力にして、攻撃を行います。敵のHPは高いですが、装甲が0なのでダメージは通ります。なので、戦艦の装備スロットは全部主砲で問題ありません。攻撃力がそのままダメージ値に直結します。戦艦・巡洋戦艦は防御など考えないで、攻撃だけを考えていれば大丈夫。空母も1スロット戦闘機以外は爆撃機で大丈夫だが、この戦闘においてはそこまでダメージリソースにはならない。

夜戦

昼戦だけで、倒せることは少ないと思いますので、迷わず夜戦に突入しましょう。

結論どのような艦隊がいいのか

上記の条件を組み合わせると、戦艦2・巡戦2・空母2は前提として、空母は改装したレキシントンとサラトガがベストですが、この戦いではメインではないので空母ならば、航速30以上でていればどれでも問題ないと思います。戦艦はできるだけ高速艦を用意し、装備は主砲全積み。旗艦となる巡洋戦艦は航速30よりも速く、装備は同じく主砲がん積み。空母の装備スロットには、1スロット戦闘機を積み、残りは爆撃機を。全体の索敵が260より多くなるよう調整しましょう。陣形は単縦陣か梯形陣がオススメです。

上記のように用意するだけで、索敵OK、T字有利、制空均衡をとりやすくなりますので、Pachinaを倒しやすくなると思います。ぜひPachinaを倒して、ヴィットリオ・ヴェネトを入手しましょう。