艦種別の回避補正の可能性

艦種によって、おなじ回避値でも違いがでるのかどうか。

はじめに

艦種別に回避に補正がかかるかどうかなど、まったく考えたことなかった。同じ回避値なら同じような回避率になるものだと疑いもなく受け入れていた。しかし、艦攻の回避は対空値の記事で言及した、NGAの調査では、艦種別の回避率についても調べていた。その調査は、航空機に関するものだったので、航空機攻撃での回避率の差をメインとしていたが、砲撃戦についても参考としてデータを上げていた。そこには、同じ回避値でも戦艦と軽巡では回避率に差が出るというものだった。

なので私も差がでるのか、調べてみた。

調査内容

回避値40の戦艦駆逐に回避率に差が出るのか

調査方法

フレンド演習で初回砲撃戦で攻撃が当たったかどうかで判定する。

敵艦のビスマルクグローウォームはそれぞれ別々に調査してある。

例:扶桑vsビスマルクで20回、扶桑vsグローウォームで20回調査それぞれしてある。

自艦隊

Lv20の戦艦扶桑

選択理由:が低いので、クリティカルがでにくいと思われる。クリティカルの挙動が不明なので避けたい。Lvが高いと命中値が高すぎて、敵艦が避けれない。

Lv100の空母サラトガ-改

調査Ⅱのみ

選択理由:偵察機しか積んでいないので、攻撃は一切しない。索敵をあげて、索敵成功をだすためだけ。スキルは砲撃には影響しない。

敵艦隊

それぞれ別々に調査している。

Lv72のビスマルク

回避値40

追記 好感度:50

Lv12のグローウォーム

回避値40

追記 好感度:52

調査Ⅰ

自艦隊 扶桑
敵艦隊 ビスマルク グローウォーム

この状態だと、ビスマルク相手に「索敵失敗」となる。グローウォーム相手には「索敵成功」となるので、グローウォーム相手には命中+10%が追加されている。なので、グローウォームの被弾率のが高くなるかもしれない。

ビスマルク グローウォーム
被弾回数 15/20 12/20
被弾率 75% 60%

グローウォームのが避けている。まぁ20回の試行回数だからなぁ。誤差かも

調査Ⅱ

自艦隊 扶桑 サラトガ-改
敵艦隊 ビスマルク グローウォーム

これだと、どっちでも索敵成功なるので、調査Ⅰより公平。

ビスマルク グローウォーム
被弾回数 20/25 16/25
被弾率 80% 64%

今回も、グローウォームのが避けていた。これも誤差の可能性もある。

おわりに

この簡単な調査では、駆逐艦に回避補正が載っているとは明確には断言できないが、回避補正が存在する可能性はあるかもしれないと言える。

NGAの調査も併せて考えると、駆逐艦には+15%の回避補正なのかなぁ・・