大鳳-改スキル「移動基地」の次回砲撃におけるダメージについて

次回砲撃戦時のダメージの計算について考えていくよ。

はじめに

日本鯖はまだ未実装だが、大鳳-改はすでに中国鯖で実装されていて、演習でも大鳳-改をいれている人はかなり見かける。大鳳-改のスキルは以下の通りである。

移動基地
大鳳の後方に配置されている1/2/3隻の空母系艦船の回避値が4/5/6増え、次回砲撃戦で攻撃できるようになる。ただし次回砲撃戦時のダメージは50%低下する

空母系が、次回砲撃戦に参加できるようになるという、説明文だけでもかなり強そうなスキルなのである。今回気になっていることは、この次回砲撃戦のダメージが50%になるというところである。これが最終ダメージにx50%であっているか調べたいと思う。ひょっとしたら、攻撃力をx50%にしてから、最終ダメージ計算をおこなう方法かもしれないからである。

最終攻撃値=ceil(((火力値+爆撃機の爆装値*2+攻撃機の雷装値)*Max(0,1-敵対空値/150)+35)*ACC*SC*AC*DBC*CC)

最終的な攻撃値を”ATK”、敵装甲値を”DEF”と省略すると、最終ダメージ計算は以下になる。

文章通りなら、最終ダメージを半減だと思うが、一応確認しておく。

調べたい内容

次回砲撃戦時のダメージ計算方法

調べる方法

こちらの次回砲撃戦のダメージを記録して、最終ダメージを半減か、攻撃力を半減してから最終ダメージ計算なのか判断する。

試行回数はフレンド演習で50回。

自艦隊は大鳳-改,祥鳳のみの編成。大鳳-改には偵察機のみ装備で、索敵・スキル発動のためだけにいる。なので祥鳳が与えたダメージを記録していく。

大鳳-改のスキルLvは1である。

祥鳳の装備は、爆撃機 景雲改 対空+2 爆装+13である。

敵艦隊は、装甲値12の駆逐艦3隻を用意した。対空値が若干違うので、ダメージ計算にも考慮しなければならない。

結果

ACC=1.1 SC=1.0 AC=1.0 DBC=0.87~1.22 CC=1.0

全て、制空権確保・索敵成功となった。

2つの考え方の理論ダメージは以下の感じになる。但し敵艦の対空値をそろえなかった&対空補正装備の艦がいるので、誤差が±2ほどあります。

最終ダメを半減 攻撃値を半減
32~47 28~41

実際の結果は以下の通りである。

試行回数(ミス・クリ含) 50回
有効サンプル数 46回
最小値 33
最大値 48
平均値 39.41

まとめ

実際の結果を見てもらえればすぐ分かるが、次回砲撃戦時のダメージ半減の計算方法は、最終ダメージを半減するという方法で合っている結果となった。

当初の予想通りの結果である。確認の意味を込めて一応記事にしました。