プリンストン-改のスキルについて そのあと

プリンストン-改のスキルについての続報です。

はじめに

丁度一か月程前に、中国鯖にプリンストン-改が実装し、それに伴いスキルも使えるようになった。5月9日に自分のプリンストンも改造し、スキルを使用したところ、制空値に変化が無いとお伝えした。今回そのプリンストン-改のスキルについて最終的な評価をする。

そのあと

9日の夜に、中国鯖運営のmoefantasyに、プリンストンのスキルバグってない?的なメールをしました。

10日に、関係部署に伝えておくよ的な返信を受け取りました。

27日のメンテナンスで、プリンストンのスキルの説明文が一部修正されました。

31日もう一度、プリンストンのスキルを調査した。

調査結果

発艦数を同じにするために、同じ火力値のプリンストン-改と大鳳-改を用意して、同じ装備で制空権争いの結果に違いが出るか調べた。プリンストン-改のスキルはLv3であることは何回も確認してある。

発艦数も、火力30なら最大9機が発艦するので、スロットの艦載量が足りていないということも考えられない。

大鳳-改のスキルは制空権とはまったく関係ないので、もしプリンストン-改のスキルが制空権に影響を及ぼすなら、同じ装備でも制空権の結果が異なり、全く同じだったらプリンストン-改のスキルは制空権に影響しないと判断する。

結果は以下の通りであった。

スロット1・・・シーファング(固定)

スロット2・・・XF5U(固定)

スロット3

プリンストン 大鳳
F4F(対空+5) 制空優勢 制空優勢
シーファイア(対空+7) 制空優勢 制空優勢
F6F(対空+8) 制空権確保 制空権確保

もし、制空権に影響を及ぼすなら、F4F装備の時点で制空権確保が取れるはずであったが、結果は大鳳と同じ結果つまり、プリンストンのスキルは制空権に影響してないことがわかる。

まとめ

調査だけであったら、スキルのバグ・不具合の可能性も捨て切れなかった。しかし、以下の事情を考慮して、プリンストン-改のスキルは制空権に影響しないと最終的に判断した。

・9日にメールを送っており、むこうでも一応スキルの効果について確認しているはずである。しかし27日のサーバーメンテナンスを終えても、スキルの効果に変化がないこと。

・27日のメンテナンスで説明文か以下のように変更された。

帽子戏法
新:战斗机对空+10%/20%/30%,战斗中鱼雷机伤害+5%/10%/15%
旧:战斗机对空+10%/20%/30%,战斗中鱼雷机威力+5%/10%/15%

わざわざ説明文を修正していること。

以上から、プリンストン改のスキルは、制空権には影響しないのは仕様であると判断した。

参考

コメント

  1. 匿名 より:
     

    アトランタのスキルみたいに防空能力が上がるんですかね?
    空母は動けてなんぼなんで航空戦で被害を受ける可能性が減るのはありがたいですがややこしい表記に見えました。