高速戦艦ロドニー誕生秘話

これは23.5ktの戦艦ロドニーを高速戦艦へと作り変えた挑戦者たちの物語である。

はじめに

戦利品活動中なので、クエストの「〇〇海域の全マスを埋めよ」をしていた。

5-1キプロス付近海域へやってきて、いつも通り全マス埋め作業をしていた。

Gマスを埋めたかったので、DマスからGマスに行くことにした。

このとき、『艦隊最低航速が26.9以下』ならば、Gマスへ固定ルートとなる。

なので、以下の艦隊でDマスに行った。

このなかで、最低航速はロドニーの23.5ktとなるので、余裕で26.9kt以下の条件をクリアできるはずである。

しかし実際に、分岐画面になると以下のようになった。

艦隊最低航速≦26.9

なんと、ロドニーの23.5ktを認識してはくれなかった。

いったいどうなっているのか、考えてもわからんだったので、構成を変えて再度出撃した。

今度は旗艦をビスマルクにしてある。

すると今度は、以下のようになった。

こんどは、ロドニーはちゃんと26.9kt以下の艦と認識されたのである。

旗艦をフッドからビスマルクに変えただけである。

これで、勘のいい人はもうお気づきかもしれない。

原因

原因は、フッドのスキル『帝国巡遊』が各艦の速度にも加算されていた為だと思われる。

フッドのスキルは帝国巡遊Slv3である。

帝国巡遊 Slv3
旗艦の位置にいる場合、艦隊全体航速4kt上昇する。

帝国巡遊は、艦隊航速に影響をあたえるスキルであると考えられてきた。しかし、今回の現象をみるに、それだけではなく、各艦の航速までも+4されているのではないかと推測する。

なので、フッドを旗艦にしたときのロドニーは、航速23.5ktではなく、23.5+4の27.5ktの航速をもつ戦艦として計算されている。ここに高速戦艦ロドニーの誕生である。

結果

この現象が5-1だけの可能性もあるので、おなじ艦隊最低航速が条件となる3-1、3-3でも同じように調べた。結果はやはりフッドがいるとロドニーは27.5ktの艦として認識された。なので現象は、5-1固有の問題ではないことが分かった。

フッドの帝国巡遊は大変優秀なスキルではあるが、今回のようにマス埋めの時に関してはむしろ邪魔になることもあると覚えていたほうがいい。

スキル帝国巡遊が、各艦の航速にまで影響するのはバグなのか仕様なのかは不明である。

コメント

  1. 匿名 より:
     


    プロジェクトX並の感動

  2. 匿名 より:
     

    いや、流石に「艦隊航速に影響をあたえるスキルであると考えられてきた」だけとはされてなかったような
    フッド+ネルロドで27ノット制限越えはWikiなどでも定番です

  3. 匿名 より:
     

    逆にコロラド級はフッドで速度が上がってもも低速のままなのでそういった分岐にも重宝しますよ

    • admin より:
       

      なるほど。逆に遅い船のほうがフッドのスキル使っても低速維持できるということか。