91式徹甲弾と超重量弾について[検証編]

スポンサーリンク

91式徹甲弾と超重量弾について、公式とされている計算式があっているか検証する。

はじめに

今回は3つ検証する。一つ目は昼戦における砲撃の与ダメージ公式、91式徹甲弾の特性、超重量弾の特性である。今回も実験の詳細はエクセルファイルにて配布する。kyoukadan2

使用する公式

floor…切り捨て
ceil…切り上げ
log-e…自然対数 LNと同義
装甲補正…0.6
状態補正(SC)、残弾補正(AC)、昼戦乱数(DBC)、クリティカル補正(CC)、陣形補正(FC)、航行補正(DC)

砲撃戦での砲撃の最終攻撃値 = ceil((火力+5)*SC*AC*DBC*CC*FC*DC)

砲撃戦での砲撃与ダメージ = ceil(最終攻撃値-敵装甲値*(最終攻撃値/(装甲補正*最終攻撃値+0.5*敵装甲値)))

砲撃の与ダメージ公式

エクセルファイルは実験1である。

砲撃戦での砲撃の最終攻撃値 = ceil((火力+5)*SC*AC*DBC*CC*FC*DC)

砲撃戦での砲撃与ダメージ = ceil(最終攻撃値-敵装甲値*(最終攻撃値/(装甲補正*最終攻撃値+0.5*敵装甲値)))

この計算式があっているかどうか調べる。

エクセルの見方

最初はテストに使用した自艦隊と敵艦隊の全体的なステータスである。

次の「共通事項」から実際の計算で使う数値を載せている。

フレンド演習で、クリティカルは無視して、全快・弾薬消費なしの状態で挑んでいるのでSC,AC,CC=1.00とする。昼戦乱数は0.89~1.22である。

装甲補正は0.6である。

エクセルでは、航行(T有利、同航、反航、T不利)でのそれぞれの与ダメージの理論値を計算したうえで、実際に検証した。陣形補正は今回は、1隻vs1隻なので強制単縦陣となるので、FC=1.00で固定である。緑のセルの数値を変更することで、下の理論計算式の数値が変わるように作ってある。

91式徹甲弾の特性

エクセルファイルは実験2である。

91式徹甲弾の特性は、装甲補正に+0.2の補正が付くと言われている。

基本の装甲補正は0.6であるので、91式徹甲弾を装備時には0.8となる。これが正しいか検証する。

砲撃戦での砲撃の最終攻撃値 = ceil((火力+5)*SC*AC*DBC*CC*FC*DC)

砲撃戦での砲撃与ダメージ = ceil(最終攻撃値-敵装甲値*(最終攻撃値/((0.6+0.2)*最終攻撃値+0.5*敵装甲値)))

これで50回フレンド演習でダメージ値を調べる。

超重量弾の特性

エクセルファイルは実験3である。

超重量弾の特性は、昼戦乱数(DBC=0.89~1.22)が(0.89~1.47)になると言われている。

超重量弾を装備して同じく50回測定して、これがあっているか調べる。

砲撃戦での砲撃の最終攻撃値 = ceil((火力+5)*SC*AC*DBC*CC*FC*DC)

砲撃戦での砲撃与ダメージ = ceil(最終攻撃値-敵装甲値*(最終攻撃値/(0.6*最終攻撃値+0.5*敵装甲値)))

超重量弾にシナジーはあるか?

エクセルファイルは実験4である。

これは個人的に思いついたことなので、特に根拠があるわけではないが、改装ウィチタが超重量弾と一緒にもってくるのが、アメリカ三連装砲8インチ火砲(重量弾)である。わざわざ(重量弾)って書いてあるくらいだからなにかしらのシナジーがあるかもしれないと思った。

超重量弾とこの砲を装備して同じく50回測定した。

結果

実験1

25回すべて理論値内に収まったので、この公式で間違いないと思う

実験2

50回(miss、クリティカルは除外する)やって、すべて理論値内に収まっている

実験3

50回調べて、すべて理論値内におさまっている。この計測でのDBCは0.90~1.46となっており、理論上の0.89~1.47とほぼ同じである。

実験4

50回調べたが、特にダメージが増えたとかシナジーは感じられなかった。この計測でのDBCも0.90~1.46となっており、理論値はまず合っているだろう。

まとめ

実験1→昼戦における砲撃与ダメージ公式は合ってる

実験2→91式徹甲弾の特性は、装甲係数+0.2で合っているだろう

実験3→超重量弾の特性は、昼戦乱数(0.89~1.47)で合っているだろう

実験4→改装ウィチタがもってくる砲とは特にシナジーは無かった。

スポンサーリンク