ムルマンスクスキル”航线援护” レビュー

スポンサーリンク

ムルマンスク-改のスキル”航线援护”についてレビューしていくよ!

改造まで

ムルマンスクは現在は建造のみで手に入ります。汎用の軽巡レシピで何回か建造したところでましたので、育ててみます。

改造可能レベルは35です。

改造コストは、貴重な巡洋コアを使うものの、資材自体は高くありません。

改造可能Lv 35
燃料 500
弾薬
鋼材 500
ボーキサイト
巡洋艦改造コア 5

こちらが改造直後のステータス画面

装備は

533mm2-н魚雷 雷装+8
ソ連СМ-20-ЗИФ45mm四連装対空 火力+2 対空+10 回避+1 対空補正40% 射程:短

と、虹色装備を持ってきますが、対空機銃なので使えるような、やっぱりあんまり使わないような感じです。

ステータス自体は、バランスのいい弱点という弱点のない良いステータスをしています。

スキルは次の項で説明します。

スキルレビュー

航线援护
編成ページ前方艦の装甲値が5/10/15増加し、自身の対空値と火力値が3/4/5増加する。砲撃戦時、軽巡と駆逐を優先して攻撃する。

スキル説明文から読み解くと、このスキルは2つのパートに分けられる。一つ目は僚艦へのBUFFで、もう一つが自身のBUFFと軽巡、駆逐を優先して攻撃するとなる。

僚艦への影響

“編成ページ前方艦の装甲値が5/10/15増加し、”とあるが、詳しく書くと”編成ページでムルマンスクより前方にいる全ての艦の装甲値が5/10/15増加する”となる。対象となる僚艦については下のQ&Aにて詳しく説明する。

自身への影響

“自身の対空値と火力値が3/4/5増加する。砲撃戦時、軽巡と駆逐を優先して攻撃する。”とあり、自身の対空値と火力値が増加するBUFFパートと、砲撃戦フェーズにおいて艦種:軽巡・駆逐を優先して攻撃するという特性パートに分けられる。なおBUFFパートの増加は、ステータス画面に常に反映されている。なのでムルマンスクが旗艦の場合、僚艦へのBUFFが無いので、BUFF画面でスキル発動はないが、自身へのBUFFはちゃんと反映されている。特性パートでは、説明通り軽巡・駆逐を優先的に攻撃する。

 Q&A

僚艦へのBUFF範囲

ムルマンスクのスキルの説明文は他の艦のように、スキルレベルが上がることに編成ページの上1/2/3艦という表記ではなかった。なのでムルマンスクの直前の艦のみに効果があると考えていた。4月3日の「[中国サーバー] 4月4日実装艦のスキル概要」の記事では、”編成ページ前方(1艦?)の装甲値が…略”と書いた。4日のアップデート情報記事では、(1艦?)の表記を省いたが、この時点でも効果のある僚艦は1隻のみであると考えていた。

しかし、実際に効果を発動させると、効果のある僚艦はムルマンスクより前の位置する全ての艦であることが判明した。

潜水艦と軽巡・駆逐どっちを優先する?

“砲撃戦時、軽巡と駆逐を優先して攻撃する。”とあるが、では潜水艦がいた場合、どっちを優先的に攻撃するのかと疑問になった。

実際に調べてみると、いくらスキルが発動しようとも潜水艦が敵編成にいる場合は、砲撃戦でも潜水艦を優先的に攻撃する。

スキル説明文の軽巡・駆逐への優先的に攻撃するというのは、潜水艦がいないという前提のようである。

軽巡・駆逐への優先攻撃時のターゲティング法則は?

〇〇を優先的に攻撃するというスキルは、2,3日まえにも調査した。4月8日の「ミズーリスキル”決勝の力”のターゲティング法則について」の記事である。ミズーリも戦艦系に優先的に攻撃し、旗艦に近いほうから狙うという法則があることがわかった。

では、ムルマンスクの軽巡・駆逐を優先的に攻撃するというのも、同じ様に旗艦に近い軽巡・駆逐をターゲティングするのかという考えに至る。

これもフレンド演習で調査したところ、ムルマンスクのスキルも、ミズーリスキルと同じように、対象となる艦種が複数いる場合、旗艦に近いほうから攻撃することを確認した。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    自分より前の艦全てってことは、ヴェルorサリバン改の装甲バフとも重複するんかね
    そうなるとまたグロ虫アタックのダメが上がるね!

    • admin より:

      ムルマンスクの装甲+6のBUFFの影響が、グローウォームのアタックに影響するのを確認しました。

  2. 匿名 より:

    グロ虫ちゃんがまた強くなっちゃうヤバイヤバイ