日本サーバーの古鷹-改のスキルについて

スポンサーリンク

スキル説明文は中国サーバーと違うけど、同じ効果・・!?

古鷹-改スキル”戦線援護”

日本サーバーに5月7日に実装された古鷹-改ですが、その古鷹-改のもってくるスキルについて、中国サーバーと効果が違う説明文でしたので調べてみました。

こちらが中国サーバーの”戦線援護”です。

CN:战线援护
砲撃戦時、60%の確率で旗艦への攻撃を肩代わりし、そのダメージを40%/60%/80%軽減する。(大破状態では発動せず。古鷹が旗艦時は無効)

オイゲンのように僚艦のダメージを肩代わりして、軽減するスキルですが、対象は旗艦となっています。旗艦がダメージを食らいそうになった時に古鷹がダメージ受けるスキルです。

そしてこちらが今日日本サーバーに実装された”戦線援護”です。

JP:戦線援護
砲撃戦段階で、50%の確率で相隣の艦船の代わりにダメージを受け、またダメージが40%/60%/80%軽減される(大破の場合、発動できない)。

発動確率が60%から50%に下方修正されているほか、肩代わりする対象が相隣の艦船となっています。なので旗艦をかばうのではなく、隣にいる艦をかばうというようにスキル文では変更されています。

実際の日本サーバーの”戦線援護”

実際に古鷹を改造して、スキルレベル1でどの艦をかばうのか実験してみました。

艦隊としては、旗艦-〇-古鷹-△ (〇、△は適当な艦)の4隻で構成しました。

もし、中国サーバーの仕様だとすると、古鷹は旗艦を庇います。

日本独自仕様だとすると、3番目の古鷹は2番と4番の〇、△を庇うことになります。

こちらがスキル発動時のスクリーンショットです。

旗艦をかばいました。

なお、旗艦-〇-△-古鷹 にしても旗艦を庇いました。

なので、実際の使用は中国サーバー通りに旗艦を庇うようです。

なお、発動確率等は調整されている可能性はあります。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    説明文どおりが正しいとしたら、オイゲンの戦線「防衛」と同効果の別スキルになっちゃいますね。記述ミスでした次回メンテで修正します~ってお知らせ来そう。

  2. 匿名 より:

    オイゲンのスキル説明文のコピペなのかと思ったけど、
    微妙に文章違うんだね。
    スキルの名前も戦線防衛と戦線援護で似てるし。
    なんなんだろう

    • admin より:

      私もオイゲンのやつかとおもって比べたら、微妙に違うんだよねー不思議すぎる

  3. 匿名 より:

    たぶん14日のメンテで「相隣の艦船」は「旗艦」に修正されたけど、確率表記はそのままですね。中国版と日本版で発動率に差あるのかな。日本版だけ下げられてるとしたらカナシイ…カナシイ…

    • admin より:

      そうだねメンテで説明文は修正されたけど、発動率は中国サーバーと異なったままなんだよね。重巡もっと強くしてくだち!